あなたの酵素ダイエットは間違っている!ただ断食をすればいいのは大間違い

酵素ダイエットの間違ったやり方をしている人が続出しています。
酵素ダイエットは簡単!ただ断食をして、水分補給に酵素ドリンクを飲めばいいだけ!
簡単に説明すると、上記のような説明をしていることが多いのですが、これは大きな間違いです。
ただ断食をするだけでは、酵素ダイエットの効果は発揮されません。
そもそも酵素ダイエットは3日間、食事と酵素ドリンクを置き換える(http://www.viva-kouso.com/)だけではなく、それまでに必要な準備期間が必要です。
この準備期間があるかないかで、酵素ダイエットの成功率、効果がずいぶん変わりますので、正しい酵素ダイエットのやり方を知ってください。
まず酵素ダイエットを行う前の準備として、1週間から最低でも断食をする期間分はヘルシーな食事を心がけましょう。
そうすることで、酵素ダイエットの本番を迎えたときに、より脂肪が燃焼されやすい体に変身することが可能です。
準備期間が終了すれば、いよいよ酵素ダイエット本番を迎えます。
1日の食事をすべて酵素ドリンクに置き換えて、水分をしっかり補給する生活をおくります。
酵素ドリンクによる置き換えを行う期間は、1~3日間まで。
3日以上の断食は健康にもよくないですし、なによりリバウンドのリスクがアップしますから、必ず3日以内の断食に留めましょう。
断食が終了すれば、次は回復期が訪れます。
これまでちゃんと食事をしていなかったのに、急に元の高カロリーな食事に戻してしまうと、体がカロリーを摂取しようとします。
これは飢餓を乗り越えてきた人間の仕組みで、リバウンドをしやすくなります。
そこ回復期には徐々に食事の量を増やしていく必要があります。
まず、最初は酵素ドリンクと汁もの。
その後、お粥や野菜スープを経て、1~3週間程度で元の食生活に戻していきます。
もちろん、元の食事が暴飲暴食なままではいけませんから、ある程度、質を変えなければいけないでしょう。
酵素ダイエットを最も効果的に行うのであれば、3日間は断食をしましょう。
3日間の断食中に酵素ドリンクを加えることで、デトックス効果も上がりますから、便秘も解消されますし、体も驚くほど軽くなります。
1日目は断食がつらくて動けないこともあるでしょうから、酵素ダイエットはできれば連休など、自宅でゆっくり生活ができるときがおすすめですよ。
2日目以降は酵素ドリンクのデトックス効果を実感できるようになりますから、モチベーションが上がって楽しく感じるので、ぜひ1日目を乗り越えて綺麗になりましょう。

おいしい酵素ドリンクを作ろう

最近自宅で酵素ドリンクを作っている人も多い様ですが、せっかく飲むならおいしい物を作りたいと思いませんか。
野菜ばかりで作るのではなく、フルーツを一つ入れるだけでも味や香りがまろやかになるので続けて飲むことが出来ると思います。
特にオレンジやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘類は香りや風味をさわやかにしてくれるので、さっぱりと飲みたい人にはおすすめです。
また野菜や果物を付ける時に砂糖を入れるがほとんどだと思いますが、砂糖ではなく氷砂糖にするとゆっくりと溶けていくのでよりおいしい酵素ドリンクを作る事が出来ます。
最近では生姜を薄くスライスしていれると、風味豊かで身体があたたまる酵素ドリンクが出来上がると話題になっている様です。
身体にもよくおいしい酵素ドリンクを簡単に作る事が出来るので、レシピ本もたくさん出ています。
よりおいしく飲みたい人は、フルーツのみで作るとフルーツ自体の甘みが凝縮されるので、氷砂糖の量も少なくすることが出来ます。
自分の症状に合わせて食材を変えることが出来るので、冷え性の人は生姜、ダイエットをしている人はトマトなど、自分なりのアレンジがしやすい事も特徴の一つです。
是非いろいろな食材を組み合わせてオリジナルの酵素ドリンクを作ってみて下さい。

毎日酵素の酵素ダイエットの続け方

酵素ダイエットをされるとき毎日酵素を飲んでみることは良いのですが、まず食事前に飲むことをオススメします。
朝食前に毎日酵素を飲み、そして飲み方のアレンジとしては色々あります。
例えばジュースにしてみるのもいいでしょう、水だけで割ってみるのもいいでしょう。
飲み続けていると飽きてしまうこともあるので、こうした工夫は欠かせません。
また満腹感を得られるのでダイエットにはかなり効果が得られます
昼食前に飲む場合、食べすぎを控えることが大事です。
腹八分にして、置き換えダイエットを食事の変わりに毎日酵素を飲むようにして酵素ダイエットを成功させてみてください。
夕食前には飲みたい方は飲むと言った感じになります。
または夜遅くの食事、睡眠不足を避けできるだけ酵素を浪費しないようしっかりと時間を考えて寝るよにしたり、職時間を考えて酵素ダイエットをしおきましょう。
またお腹がどうしても空いてしまうこともありますが、そんなとき毎日酵素を飲んでもいいので、自分自身に合った飲み方をしていきましょう。
またもっと効果を得たいと考えているのであれば、三食のうち二食を置き換えてみるのもいいし、一回だけでも十分に効果があるので、こちらもペースにあった自分の飲み方をしていきましょう。

粉末で手軽に摂取できるスーパーフード

今日の社会において話題に上ることが多くなったスーパーフードというと、食品の形状をしているものと考えられてしまいがちです。
しかし、必ずしもそうであるとは限りません。
その形であることがスーパーフードとして重要である場合にはそのまま利用されますが、含まれている栄養成分が重要であるという場合には加工することが可能だからです。
特に手軽に摂取できることから粉末にするというのはよく行われることであり、粉末を水やお湯などに溶かして飲むことによって栄養成分の補給ができるというのがメリットになります。
簡単に持ち歩くことができて毎食のサポートにしたいという望みも叶えることが可能であり、スーパーフードの高い効果を生かして生活していきたいという場合には重宝するものになります。
粉末にすることはサプリメントを開発する企業にとってもメリットがあり、粉末から錠剤やカプセル剤への加工を行うこともでき、違った形状で市場に供給していくこともできるのです。
栄養成分が重要なスーパーフードの場合にはそういった摂取方法の選択肢があることも知っておくと、もしそのスーパーフード自体が苦手であっても必要な栄養成分は摂取していくことができるようになるでしょう。

酵素ドリンクの飲み方とは!

酵素ドリンクを効率的に活かす飲み方が2つあります。
一つ目の飲み方は、食事の前の5分前に酵素ドリンクを飲むやり方です。
5分前に飲むことで腸が吸収しやすい環境を作ることができます。
また満腹中枢を刺激するため食欲を抑える効果などがあります。
二つ目はの飲み方は、食後に飲むやり方です。
食後に飲むことで消化を促す作用があります。
しっかりと食べ物を消化してくれるので便秘などになりにくいです。
酵素ドリンクの効果などは便秘を解消するほかにも様々あります。
例えば一番有名なところではダイエット効果があります。
新陳代謝をあげることで、消費カロリーが増えて太りにくい体質を手に入れることができます。
食事制限などのダイエットを行う場合などは、体重は減りますが同時に筋肉もへるため太りやすい体質となってしまってリバウンドしやすいのですが、酵素ドリンクダイエットでは基礎代謝をあげているためリバウンドしにくいダイエットと言えます。
ほかには肌トラブルを多く抱えてる方にもおすすめです。
酵素には肌に良い成分が大量に入っているので、肌の潤いやハリなどを持続させる効果などがあります。
ほかにも生活習慣病などを予防する効果などがあります。

酵素ドリンクを使ったプチ断食の注意点

酵素ドリンクを使ったダイエット法の一つにファスティング、つまりプチ断食があります。
2、3日間食べるものは酵素ドリンクだけと至って簡単な方法ですが、実はやり方を間違うと痩せるどころか太る可能性があるのです。
そうならないように酵素ドリンクを使ったプチ断食で注意すべき点をご紹介します。
それは準備と戻しの期間が必要ということです。
週末土日の2日間だけプチ断食しようと、いきなり土曜日から断食に入るのは大変危険です。
というのは普通の食事からいきなり酵素ドリンクだけとなると、体がびっくりして不調をきたすケースがあるからです。
そのためプチ断食に入る前には断食日数と同日数、この場合でしたら2日間を準備期間として、徐々に食事を減らして体を慣らす必要があるのです。
また、断食中に気を付けたいのがカフェインの摂取です。
コーヒーやお茶などカフェインを含むものの摂取は全てNGです。
というのはカフェインの消化には大量の酵素を消費するからです。
どうしても飲みたい場合はノンカフェインのコーヒーやお茶なら構いません。
また、断食明けには戻しの期間が必要です。
断食に入る時と同じように、断食が終わっていきなり通常食になっては体がびっくりし不調をきたしてしまいます。
休んでいた胃腸器官の働きを正常化するために、まずは全粥から徐々に体を慣らしていきましょう。

お肉の調理をする際に酵素の力を借りてやわからくしよう

毎日の食事は人にとってとても大切な事であり、朝やお昼に夕飯と3食を食べることが基本となります。
食べる方法ですが出来上がったお弁当やお惣菜を購入してきたり、外食といった方法を利用することもできます。
ですが毎日というわけにはいかないので、料理をするのが一般的となります。
その際に料理の食材としてお肉を利用することが多くありますが、お肉の特徴としてそのまま調理してしまうとお肉が縮んでしまいます。
たんぱく質が熱を加えることで収縮してしまい、結果料理として食べた時に硬い触感になってしまいます。
それを解消するための方法として、食物に含まれている酵素を利用する方法があります。
食物の中に含まれている酵素の力によって、たんぱく質を分解しアミノ酸へと変えることができ結果とても柔らかい触感にすることができます。
酵素を多く含む食材としては、ショウガや玉ねぎにキウイフルーツやパイナップルなどがあります。
それらの食材をすり下ろした状態にし、その中にお肉を浸しておくことで効率よくたんぱく質を分解することが可能です。
また同時に下味をつけることもできるので、使用する食材によっても料理のレパートリーが幅広くなりより美味しい料理を食べることが可能となります。

40代の多くが酵素ドリンクを飲んでいます

40代の多くが酵素ドリンクを飲んでおり、健康に気を遣っています。
40代で健康に気を遣わないと病気を患う可能性が高くなるので、注意をしなければならないです。
酵素ドリンクを飲む事のメリットは、新陳代謝を良くする事ができる点が挙げられます。
そのため、太りにくい体質となります。
太り過ぎている40代は見栄えが悪いので、肥満の方はダイエットをしましょう。
酵素ドリンクには様々な栄養成分が配合されており、栄養不足を補う事が可能です。
そのため、積極的に使用する事が重要となります。
もちろん、副作用の心配はありませんので安心です。
ダイエットをする時には、運動をするのが理想的となっています。
運動をせずに食事制限だけで体重を落とすと体調を崩しやすくなるので、留意をする必要があります。
運動をする時は無理をしないように気を使う事が大事です。
無理をして運動をすると怪我の原因となるので、細心の注意を払う事が重要となります。
酵素ドリンクはネットを利用すれば低価格で買い求める事ができます。
値段が安ければ、家計の事をそれほど気にせずに済みます。
利用者の評価を参考にしながら使用する酵素ドリンクを決めれば、買ってから不満を感じないです。

二食置き換えダイエットをしている女性が沢山いる

ダイエットのために食事制限をしている女性が沢山いますが、食事制限を極端に減らすのは体にとても悪いです。
中には殆ど食事を摂らずに水だけで済ます人もいますが、こういった方法でダイエットに成功しても後でリバウンドに苦しんでしまう可能性もあります。
ですからダイエット法については色々と考える必要があります。
その方法として置き換えダイエットはとても効果的で体に負担をかけることがないので人気があります。
置き換えダイエットとは3食全ての食事を変えるのではなく、例えば朝や昼は今までの食事からダイエット食に変えることです。
初めは一食だけ置き換えた方が体に負担を掛けなくて済むので良いのですが、最終的には二食置き換えた方が効果は倍増します。
二食置き換えると言うことは、例えば朝食と昼食はダイエット食にするということなのでかなり効果があります。
そのため二食置き換えダイエットをしている人が沢山います。
最近では酵素ダイエットを行っている人が増えています。
この酵素ダイエットは置き換えダイエットと密接な関係があり、食事の代わりに酵素ドリンクを飲むと言うことです。
ですから酵素ダイエットは置き換えダイエットをする場合に行う場合が多いです。
その方法でダイエットをして成功している人が増えていることもあって、酵素ダイエットをしている女性が沢山いるのです。

酵素ダイエットのスケジュール管理

普段の食事に変えて酵素ドリンクを飲むだけで痩せられるのが酵素ダイエットです。
酵素ダイエットは朝食など1食置き換えダイエットと、週末の2日間のプチ断食と大きく2つに分けられます。
1食置き換えなら特にスケジュール調整は関係ないですが、プチ断食となると考える必要があります。
というのは実際に断食しているのは2日間ですが、準備期間と戻しの期間が必要だからです。
プチ断食の際は酵素ドリンクと水分以外のものは一切口にできません。
いくら酵素ドリンクにはダイエット中に不足しがちな栄養素が豊富とは言っても、普通の食事からいきなり酵素ドリンクだけとなると体が悲鳴を上げてしまいます。
それによって体調不良になる可能性が高いのです。
そこで通常、プチ断食を行う前には、体を慣らすために徐々に食事量を減らしていくのです。
断食期間が2日間でしたら、慣らす準備期間も同日数の2日間となります。
2日間かけて徐々に食事を減らし、最後の夕食はお粥のみにするのです。
また、同じようにダイエット明けの戻しの期間も必要になります。
こちらもプチ断食と同日数かけて、お粥から徐々に普通食に戻していくため、スケジュール調整が必要なのです。
こういったことからプチ断食の酵素ダイエットを週末にするなら、木曜日から準備期間、明けて火曜日まで戻しの期間と結局6日間かかります。
そのためスケジュール調整は必要なのです。